読書感想文コンクールの課題図書(中学校編)

子供の頃、夏休みに頭を悩ませた人は多いと思う読書感想文コンクールの課題図書。
読みたくもない本読まされる上に感想文まで書かされるという地獄の宿題(笑)。
あの頃はあんなにイヤだったのに、最近になって興味を持ち始めて読んでみることにしました。
それは、子供たちが小学生になり、過去の課題図書は子供にとって果たして魅力のある本であるのだろうか?という疑問を持ったことがきっかけでした。
お子さんをお持ちでお子さんに本を買ってやったことのある親なら、一度くらいは感じたことがあると思うのですが…『子供が好きな本』『大人が好きな本』『大人が子供に読ませたい本』って異なると思いませんか?

とりあえず一覧を以下に載せましたが、
感想のある本にはリンク先を貼ってあります。
ちなみに第7回までは課題がありませんでした。

第8回コンクール(1962年)
松田道雄・著『君たちの天分を生かそう』筑摩書房
http://50595192.at.webry.info/200801/article_22.html
貝塚茂樹・著『古代文明の発見(世界の歴史ホームスクール版1)』中央公論社
http://50595192.at.webry.info/200803/article_12.html
吉田とし・著『少年の海』東都書房
http://50595192.at.webry.info/200803/article_31.html

★人生指南書、歴史関連、物語、好みによって選んでください、ってラインナップかな?と思いました。

第9回課題図書(1963年)
石森延男・著『バンのみやげ話』東都書房
http://50595192.at.webry.info/200904/article_48.html
カルル・ブルックナー・作『黄金のパラオ(岩波少年少女文学全集)』岩波書店
http://50595192.at.webry.info/200907/article_11.html
岡田章雄・著『日本人のこころ(新中学生全集)』筑摩書房
http://50595192.at.webry.info/200905/article_11.html

★前年に同じく、物語、歴史関連、論文系、好みによって選んでください、ってラインナップ?

第10回課題図書(1964年)
岩崎京子・著『シラサギ物語』講談社
http://50595192.at.webry.info/200908/article_20.html
※1980年出版の青い鳥文庫のものを読みました。
アーサー・ランサム・著『シロクマ号となぞの鳥』岩波書店
http://50595192.at.webry.info/200907/article_46.html
前川康男・著『黒部ダム物語』あかね書房
http://50595192.at.webry.info/200910/article_26.html
ジョイ・アダムソン・著/藤原英司・訳『エルザの子供たち』文藝春秋
http://50595192.at.webry.info/200910/article_37.html

★『シロクマ号~』『エルザ~』共に続編あり、それまでのいきさつを知らないと読みにくい部分、楽しめない部分がありました。
なぜ続編を課題図書にしたのか疑問です。

第11回課題図書(1965年)
庄野英二・著『雲の中のにじ』実業之日本社
板倉聖宣・著『ピタゴラスから電子計算機まで』国土社
小幡泰正・著『少年少女のために 文化論』牧書店

第12回課題図書(1966年)
今西祐行・著『肥後の石工』実業之日本社
いぬいとみこ・著『うみねこの空』理論社
土方定一・著『渡辺崋山』国土社

第13回課題図書(1967年)
今江祥智・著『海の日曜日』実業之日本社
バウマン・作『ハンニバルの象つかい』岩波書店
野間寛二郎・著『シンバと森の戦士の国』理論社

第14回課題図書(1968年)
ルフ・作『われらの村がしずむ』学習研究社
来栖良夫・作『くろ助』岩崎書店
シッペン・作『生命の神秘をさぐる-生物の謎にいどむ人々-』偕成社

第15回課題図書(1969年)
ホルスト・作/関楠生・訳『死の艦隊・マゼラン航海記』学習研究社
かつおきんや・作『天保の人びと』牧書店
メイン・作/林克己・訳『砂』岩波書店

第16回課題図書(1970年)
今西祐行・作『浦上の旅人たち』実業之日本社
ホガード・作/犬飼和雄・訳『小さな魚』冨山房
プロシュキェヴィチ・作/吉上昭三・訳『祖国へのマズルカ』学習研究社

第17回課題図書(1971年)
生源寺美子・作『もうひとりのぼく』毎日新聞社
河津千代・作『 若き英雄-アレクサンダー大王の一生-』牧書店
井尻正二・作『マンモスをたずねて-科学者の夢-』筑摩書房

第18回課題図書(1972年)
北村けんじ・作『まぼろしの巨鯨シマ』理論社
松谷富彦・著『公害のはなし 医者のたたかい』ポプラ社
丸岡秀子・著『ひとすじの道』偕成社

第19回課題図書(1973年)
浜野卓也・作『堀のある村』岩崎書店
遠藤公男・著『原生林のコウモリ』学習研究社
加藤文三・著『学問の花ひらいて-『蘭学事始』のなぞをさぐる-』新日本出版社

第20回課題図書(1974年)
岩崎京子・作『花咲か』偕成社
ペイトン・作/掛川恭子・訳『愛の旅だち』岩波書店
城丸章夫/永井博・著『スポーツの夜明け』新日本出版社

第21回課題図書(1974年)
管生 浩・作/鈴木義治・え『巣立つ日まで』ポプラ社
小野春夫・著『木曽の杣うた』岩崎書店
箕田源二郎・著『美術の心をたずねて』新日本出版社

第22回課題図書(1976年)
新開ゆり子・作『虹のたつ峰をこえて』アリス館牧新社
西村滋・作『お菓子放浪記』理論社
楠本政助・著『文人の知恵にいどむ』筑摩書房

第23回課題図書(1977年)
竹崎有斐・作『石切り山の人びと』偕成社
今江祥智・作『兄貴』理論社
後藤竜二・作『白赤だすき小○(こまる)の旗風』講談社

第24回課題図書(1978年)
B・B・著『掛川恭子・訳 リーパス:ある野ウサギの物語』福音館書店
高木敏子・作『ガラスのうさぎ』金の星社
河合雅雄・著『人類誕生のなぞをさぐる:アフリカの大森林とサルの生態』大日本図書

第25回課題図書(1979年)
灰谷健次郎・作『太陽の子』理論社
川村たかし・著『広野の旅人たち:新十津川物語』偕成社
藤沢友一・作『太陽の絵筆:熱情の画家ゴッホ』岩崎書店

第26回課題図書(1980年)
和田登・作『青い目の星座』岩崎書店
バーバラ・スマッカー・作/いしいみつる・訳『六月のゆり ぬぷん』児童図書出版
岡部彰・著『北海道の牧場で』福音館書店

第27回課題図書(1981年)
来栖良夫・作『波浮の平六』ほるぷ出版
岡本文良・作『ばらの心は海をわたった』PHP研究所
斎藤実・著『太平洋漂流実験50日』童心社

第28回課題図書(1982年)
M・D・バウアー・作/平賀悦子・訳『家出:12歳の夏』文研出版
http://50595192.at.webry.info/200710/article_8.html
浜野卓也・作『とねと鬼丸』講談社
ひのまどか・作『運命は扉をたたく:ベートーヴェン物語』リブリオ出版

第29回課題図書(1983年)
安藤美紀夫・著/こさかしげる・絵『七人めのいとこ』偕成社
イワノフ・作/宮島綾子・訳『パホーモフ・画 九〇〇日の包囲の中で』岩崎書店
小池喜孝/作『北海道の夜明け:常紋トンネルを掘る』国土社

第30回課題図書(1984年)
アン・ドルー・作/越智道雄・訳『 トラベラー:小さな開拓者』金の星社
竹崎有斐・作『にげだした兵隊:原一平の戦争』岩崎書店
川口幸男・著『インディラとともに:上野動物園ゾウ係の飼育記録』大日本図書

第31回課題図書(1985年)
更科源蔵・著『少年たちの原野』偕成社
C・アドラー・作/足沢良子・訳『おき去りにされた猫』金の星社
工藤直子・作『まるごと好きです』筑摩書房

第32回課題図書(1986年)
ペーター・ヘルトリング・作/上田真而子・訳『ヨーンじいちゃん』偕成社
今西祐行・作『遙かなりローマ』岩崎書店
千野境子・作『アメリカ風だより』国土社

第33回課題図書(1987年)
竹田まゆみ・著『冬のイニシアル』偕成社
M・トールバート・作/渡辺南都子・訳 『鳥が、また歌う日』金の星社
小林和男・著『深海6000メートルの謎にいどむ』ポプラ社

第34回課題図書(1988年)
松永伍一・著『紅いろの馬車:伊東マンショと少年寒吉の物語』偕成社
ジリアン・クロス・作/安藤紀子・訳『桜草をのせた汽車』ぬぷん児童図書出版
大畑孝二・作『ぼくは野鳥のレンジャーだ』ひくまの出版

第35回課題図書(1989年)
澤田徳子・作『きらめきのサフィール』くもん出版
N・ヴヌーコフ・作/島原落穂・訳『孤島の冒険』童心社
鈴木 哲・著『雪はじゃまものか?:新・雪国ものがたり』ポプラ社

第36回課題図書(1990年)
アーリン・ベダーセン・作/山内清子・訳『鳥と少年』佑学社
ナタリー・バビット・作/小野和子・訳『時をさまようタック』評論社
塩澤実信・文『動物と話せる男:宮崎学のカメラ人生』理論社

第37回課題図書(1991年)
篠田勝夫・作『高志と孝一:てんとう虫が見た青春』ほるぷ出版
K・ピアソン・作/足沢良子・訳『床下の古い時計』金の星社
中田友一・著『おーい、コンペートー』あかね書房

第38回課題図書(1992年)
大谷美和子・作『きんいろの木』講談社
ペーター=ヘルトリング・作/上田真而子・訳『ひとりだけのコンサート』偕成社
門田修・著『南の島へいこうよ』筑摩書房

第39回課題図書(1993年)
湯本香樹実・作『夏の庭:The Friends』福武書店
http://50595192.at.webry.info/200906/article_46.html
R・カーヴェン・作/若林千鶴・訳『真夜中の森で』金の星社
只木良也・著『森林はなぜ必要か』小峰書店

第40回課題図書(1994年)
C・ライラント・作/斎藤倫子・訳『メイおばちゃんの庭』あかね書房
生源寺美子・作『きわめいて川は流れる』ポプラ社
岡本文良・作『夜明けへの道』金の星社

第41回課題図書(1995年)
E・ダイヤーク・作/久米穣・訳『愛と悲しみの12歳』文研出版
森絵都・著『宇宙のみなしご』講談社
土岐小百合・著『一本の樹からはじまった』アリス館

第42回課題図書(1996年)
内海隆一郎・作『みんなの木かげ』PHP研究所
I・スコーテ・作/今井冬美・訳『わたしを置いていかないで』金の星社
関野吉晴・著『嵐の大地 パタゴニア』小峰書店

第43回課題図書(1997年)
J・フェリス・作/若林千鶴・訳『宇野亜喜良・画 時を超えた記憶:ラスコーの夢』金の星社
アクセル・ハッケ・作/ミヒャエル・ゾーヴァ・絵/那須田淳・木本栄・共訳『ちいさなちいさな王様』講談社
山脇あさ子・著『ナガサキに翔ぶ:ふりそでの少女像をつくった中学生たち』新日本出版社

第44回課題図書(1998年)
青木和雄・作/加藤美紀・画『ハッピーバースデー:命かがやく瞬間(とき)』金の星社
http://50595192.at.webry.info/200703/article_92.html (児童向けじゃない方です)
ルーマ・ゴッデン・作/渡辺南都子・訳/堀川理万子・絵『ハロウィーンの魔法』偕成社
澤井希代治・著『夢をつなぐ:全盲の金メダリスト河合純一物語』ひくまの出版

第45回課題図書(1999年)
ポール・フライシュマン・著/片岡しのぶ・訳『種をまく人』あすなろ書房
伊藤遊・作/太田大八・画『鬼の橋』福音館書店
国松俊英・著『最後のトキ ニッポニア・ニッポン:トキ保護にかけた人びとの記録』金の星社

第46回課題図書(2000年)
山元加津子・著/多田順・絵『きいちゃん』アリス館
ナタリー・キンシー=ワーノック・作/金原瑞人・訳/ささめやゆき・絵 『スウィート・メモリーズ』金の星社
宮脇昭・著『森よ生き返れ』大日本図書

第47回課題図書(2001年)
エミリー・ロッダ・作/さくまゆみこ・訳/佐竹美保・絵『ローワンと魔法の地図』あすなろ書房
古川薫・著『坂本竜馬:飛べ!ペガスス』小峰書店
齋藤宗勝・著『君たちへの遺産 白神山地』アリス館

第48回課題図書(2002年)
ジーン・クレイグヘッド・ジョージ・著/千葉茂樹・訳『フクロウはだれの名を呼ぶ』あすなろ書房
ジェニファー・アームストロング・作/金原瑞人・石田文子・訳/朝倉めぐみ・画 『カナリーズ・ソング』金の星社
米田一彦・著『クマ追い犬タロ』小峰書店

第49回課題図書(2003年)
中川なをみ・作/村上豊・画『水の棺』くもん出版
バーリー・ドハーティ・著/斎藤倫子・訳『ホワイト・ピーク・ファーム』あすなろ書房
今西乃子・著/浜田一男・写真『ドッグ・シェルター:犬と少年たちの再出航(たびだち)』金の星社

第50回課題図書(2004年)
スーザン・ボナーズ・作/もきかずこ・訳/ナカムラユキ・画『エドウィナからの手紙』金の星社
リンダ・スー・パーク・著/片岡しのぶ・訳『モギ:ちいさな焼きもの師』あすなろ書房
西谷大・著『食べ物と自然の秘密』小峰書店

第51回課題図書(2005年)
ロニー・ショッター・著/千葉茂樹・訳『秘密の道をぬけて』あすなろ書房
岡崎ひでたか・作/小林豊・画『魔の海に炎たつ:鬼が瀬物語』くもん出版
中村浩志・著『甦れ、ブッポウソウ』山と溪谷社

第52回課題図書(2006年)
梨屋アリエ・作『空色の地図』金の星社
ゲイリー・ポールセン・著/林田康一・訳『少年は戦場へ旅立った』あすなろ書房
上泰歩・文/ピースボート・編/なみへい・絵『走れ!やすほ にっぽん縦断地雷教室』国土社

第53回課題図書(2007年)
名木田 恵子・作 『レネット:金色の林檎』金の星社
那須田 淳・作 『一億百万光年先に住むウサギ』理論社
林 信太郎・著 『世界一おいしい火山の本: チョコやココアで噴火実験』小峰書店

第54回課題図書(2008年)  
早見 裕司・作『となりのウチナーンチュ』理論社
ヤコブ・ヴェゲリウス・作/菱木晃子・訳『曲芸師ハリドン』あすなろ書房
那須田 稔・作『天馬のように走れ』ひくまの出版

第55回課題図書(2009年)
中学校  
松本祐子・作『8分音符のプレリュード』小峰書店
ナンシー・エチメンディ・作『時間をまきもどせ!』徳間書店
鹿毛敏夫・作『月のえくぼを見た男:麻田剛立』くもん出版

第56回課題図書(2010年)
中学校
八束澄子・作『明日につづくリズム』ポプラ社
http://50595192.at.webry.info/201006/article_17.html
エリザベス・ジョージ・スピア・著『ビーバー族のしるし』あすなろ書房
http://50595192.at.webry.info/201007/article_4.html
大社充・著『奇跡のプレイボール』金の星社

第57回課題図書(2011)
中学校
佐藤多佳子/著『聖夜』文藝春秋
ベン・マイケルセン・作/原田勝・訳『スピリットベアにふれた島』鈴木出版
山崎直子/著『夢をつなぐ 山崎直子の四〇八八日』角川書店

第58回課題図書(2012)
高橋秀雄・作/森 英二郎・画『地をはう風のように』福音館書店
http://50595192.at.webry.info/201207/article_13.html
パトリック・ネス・著/シヴォーン・ダウド・原案/池田真紀子・訳『怪物はささやく』あすなろ書房
大木聖子・著『地球の声に耳をすませて:地震の正体を知り、命を守る』くもん出版
http://50595192.at.webry.info/201206/article_14.html

第59回課題図書(2013)
村中李衣・作 佐藤真紀子・絵『チャーシューの月』小峰書店
http://50595192.at.webry.info/201305/article_1.html
モーリス・グライツマン・著 原田勝・訳『フェリックスとゼルダ』あすなろ書房
http://50595192.at.webry.info/201306/article_26.html
鳴沢真也・著『ぼくが宇宙人をさがす理由』旬報社
http://50595192.at.webry.info/201309/article_26.html

第60回課題図書(2014)
那須田淳/作『星空ロック』あすなろ書房
大場裕一/著『ホタルの光は、なぞだらけ』くもん出版
もりうちすみこ/作『語りつぐ者』もりうちすみこ 

第61回課題図書(2015)
本田 昌子/作・木村 彩子/画『夏の朝』福音館書店
デボラ・ホプキンソン/作・千葉 茂樹/訳『ブロード街の12日間』あすなろ書房
塚本 勝巳・著『うなぎ一億年の謎を追う』学研教育出版

第62回課題図書(2016)
市川 朔久子/著ABC!『曙第二中学校放送部』講談社)
ジル・ルイス/作・さくまゆみこ/訳『白いイルカの浜辺』評論社
森越 智子/作・谷口 広樹/絵『生きる: 劉連仁の物語』童心社

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • インデックスはこちら♪

    Excerpt: 20作品以上感想を載せている作家さんについては独立してまとめてあります(敬称略) Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2017-07-28 12:13