おかあさんがおかあさんになった日 (絵本・こどものひろば)(長野ヒデ子・作)

絵本て、子供が楽しむ、大人が楽しむ、子供も大人も楽しむ、子供は楽しむけど大人は感慨深い、子供は興味を示さないけど大人は考えさせられる、とか、いろんなカラーがあると思うのですが、これはその中で、子供は「へ~ふ~ん」って思う子もいるかもしれないけど、大人は感じ方が分かれるんじゃないかと思います。
出産のパターンって出産のの数だけある(と思う)ので、入院してさくっと産んでしまった私にはあまり同調できる部分がありませんでした。
言いかえれば、単純に、この本みたいに出産差し迫ってからあれこれ考える時間がなかったんです。(笑)

内容的には、もうちょっとずっしりとした感じをイメージして読み始めたのでちょっと肩透かしを食らった感じがしました。
出産をテーマにしたわりにはさらっとしてるなあ、と思いました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『な』行の作家さん

    Excerpt: なかがわちひろ  カッパのぬけがら  http://50595192.at.webry.info/200703/article_84.html 中川ひろたか  かいくんのおさんぽ  http.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-11 00:05