おおきなおおきなおいも―鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による(赤羽末吉・作)

図書館でもらってきた、幼稚園児向けの本が紹介されている冊子に載っているの見て、子供の頃お気に入りだったのを思い出した。
けど、どこで読んだのか、なんで今まですっかり忘れていたのかは不明。

読んだら、すごくなつかしかったです。
紙をどんどんつなげていくところを見て憧れたものです。(笑)

今ではあまり見かけないシンプルな色使いがよいです。
最近はどの絵本も多色ですが、単純だからこそのよさがあります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『あ』行の作家さん

    Excerpt: 青木和雄、吉富多美、共著   ハッピーバースデー   http://50595192.at.webry.info/200703/article_92.html 青島幸男  人間万事塞翁が丙午 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-10 23:38