眠れるラプンツェル(山本文緒・著)

山本文緒さんの作品は、すごく引き込まれるし、胸の内に様々な感情を呼び起こす。
そして、それらを言葉にするのがとても難しい。
喪失が描かれているのに、誕生がある。
読み進めていくうちに、人の在り方として何が正しいのか、何が間違っているのか分からなくなった。
おそらく、いつだって自分の人生の舵は自分の手の中にあるのだろう。
果たして私は、その舵をうまく操ることができているのだろうか…。

ちなみに、この本は「あなたには帰る家がある」と続けて読むのがおすすめ。
面白い発見があります。(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『や』行『ら』行『わ』行の作家さん

    Excerpt: やぎゅうげんいちろう  かさぶたくん  http://50595192.at.webry.info/200703/article_69.html 矢口敦子  もういちど  http://50.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-14 18:29