めまい(唯川恵・著)

つまらなくはなかったし、どちらかというと面白かった。
けど…唯川作品の面白さではないと感じました。
映像的にグロい作品が多く、本来の唯川作品に共通する面白さである、誰も悪くないのにそうなってしまう運命、幸せを願うがために陥ってしまう罠、といったトーンからはちょっと逸れていたと思う。
自ら望んで堕ちていく女たち、と言った印象。
ただ一つ、「翠の呼び声」だけはこの作品集の中では異色であったけれど、浅田次郎作品を読んだことのあるものとしては、どうもコピーにしか思えず…
視覚的醜よりも精神的醜を描くほうが、ぞくっとさせる力があると思う作家さんなので、あえて評価は低いかな…

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『や』行『ら』行『わ』行の作家さん

    Excerpt: やぎゅうげんいちろう  かさぶたくん  http://50595192.at.webry.info/200703/article_69.html 矢口敦子  もういちど  http://50.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-18 15:39
  • 『ゆ』から始まる作家さん

    Excerpt: 唯川恵  肩ごしの恋人  http://50595192.at.webry.info/200703/article_12.html  病む月  http://50595192.at.webry.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-11 14:35