天才えりちゃん月に行く(竹下龍之介・作)

前作に引き続き、子供のために図書館で借りてきて、私も読んじゃいました。

前作は「天才」の意味のくだりがツボに入ったのだけれど、今回は、「夕顔は、おしろい花の生みの親みたいだ」の一文。
なるほど、納得。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『た』行の作家さん

    Excerpt: 大沸次郎  スイッチョねこ  http://50595192.at.webry.info/200711/article_6.html タカタケンジ  らくがきポック  http://5059.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-11 00:01