生きる(乙川優三郎・著)

江戸時代、追腹を禁止された武士が人生に翻弄される物語。時代物はあまり興味のない分野なのですが、とても興味深く読めました。けど、一番印象に残ったのは、二作目の、ふたえという女性が出てくる話でした。著者の乙川優三郎さんは、書きたいものに適しているのが時代小説だったと書いておられましたが、確かに現代ではありえない人生が、とても人間くさく描かれていて素敵でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 私が読んだ直木賞受賞作

    Excerpt: 私が読んだ直木賞受賞作メモです。 既読でも感想が載っていない作品には(無)と記入してあります。 もう一回読み直して感想をアップしたいなあ、とは思ってます。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2007-12-10 22:33
  • 『あ』行の作家さん

    Excerpt: 青木和雄、吉富多美、共著   ハッピーバースデー   http://50595192.at.webry.info/200703/article_92.html 青島幸男  人間万事塞翁が丙午 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-21 18:03
  • 『お』から始まる作家さん

    Excerpt: 及川和男  いのちは見えるよ  http://50595192.at.webry.info/200804/article_27.html 逢坂剛  カディスの赤い星  http://5059.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-11 14:19