相剋の森(熊谷達也・著)

「邂逅の森」を読んでから読みました。
「邂逅の森」が男くさく獣くさかったのに対して、この作品からは潔癖な印象を受けました。

山は半分殺(の)してちょうどいい―

序盤にこの言葉が出てくるのですが、この本は、その言葉の意味を読者に探らせようとしていると思いました。

この作品は三部作の一作目であり、この後に「邂逅の森」「氷結の森」と続くわけですが、「邂逅の森」への布石のまされていて、順不同で読んでも楽しめると思いました。

マタギの魅力は、断然「邂逅の森」からのほうが感じられますが、「邂逅の森」にとっつきにくさを感じた方には、こちらの作品の方が受け付けやすいかなあ、とも思います。

個人的には、登場人物に魅力を感じる人がいなかったのが残念です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • マタギが出てくる小説

    Excerpt: マタギの出てくる小説を読むと、なんだかしっくり来ます。 描かれる雪の情景や狩りの緊張感、マタギの男たちの生き方など。 以下は、私が読んだマタギが出てくる小説です。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-01-30 15:14
  • 『か』行の作家さん

    Excerpt: 薫くみこ  あのときすきになったよ  http://50595192.at.webry.info/200708/article_14.html 角田光代  対岸の彼女  http://505.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-17 17:18
  • 『く』から始まる作家さん

    Excerpt: 草場一壽  いのちのまつり「ヌチヌグスージ」  http://50595192.at.webry.info/200808/article_21.html くすのきしげのり  おこだでませんよう.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-11 14:21