アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪
ブログ紹介
巷にあまたいる活字好きの中の端くれが、読書記録&日常の思っただけ♪を綴っているブログです。

直木賞を中心に読んでいますが、寄り道もたくさんしています。
絵本、児童書、児童文学、ラノベ、苦手な分野はあるものの基本的には雑食です。

ここに載せている感想は、あくまでも私的ものなので、見解の違いがあるのは当然ですので、その点はご了承くださいね。
ちなみに、行間がある本が好きです♪

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
いらっしゃいませ〜♪(カテゴリー分けについて)
当ブログにアクセスいただきまして、ありがとうございます。 私の独断と偏見で書かれた読書感想ではありますが、もしよかったら目を通してみてくださいね。 目下のところの読書目標は、直木賞を読み倒すことですが、寄り道大好きなのでそれ以外の本ともたくさん出会いたいです。 最近では、子供の頃誰でも一度は頭を悩ませたことがあると思しき、夏休みの読書感想文の課題にも興味を持っています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 14

2020/04/02 18:18
作家インデックスはこちら♪
20作品以上感想を載せている作家さんについては独立してまとめてあります(敬称略) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2020/04/01 21:43
子どもの成績を伸ばす1日10分読書(石田淳)
一見なるほどと思えることが書かれているのだけど肝心な大前提が抜けている。引き合いに出されているダイエットも禁煙も、そもそも本人が少なからずの意思をもって始めており、たかが10分でもささやかでも本人の意思がないと何も始まらないのである。 その最初のやる気を引き出すコツは書かれておらず、いきなりまずは10分から、で始まるのでどうにもこうにも。 でもその点を除いたら読書以外にも続けるという点について大事なことが書かれていると思います。 巻末に中学受験に出題された名作リストがあるのですが、確かに模... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/05/14 12:01
りゆうがあります(ヨシタケシンスケ)
屁理屈小僧、かわゆし(笑) だんだんスケールが大きくなっていくのもよし(笑) 安定のおもしろさ! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/05/07 13:37
恐怖箱 怪談恐山(高田公太)
タイトルは『恐山』だけで恐山にまつわる話はそれほど多くなく、期待した人にはややがっかりなタイトルかもしれないと思いましたが、私は楽しめました。 変な脚色なし、憶測なし、ただあったままを普通に使われている言葉を使って書かれているところがよく、怖さと本当にあった感がよく伝わってきました。 怖くもあり切なくもあり。 中には「あれ?オチは?」と思ったお話もありますが「実話なんだからなくてもおかしくないでしょうよ」とすぐに思いなおしました。 厚みの割には充実の一冊だと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/05/07 08:59
もっとおおきなたいほうを(二見正直/作)
面白おかしい内容ではありますが、争い事を扱っていることには変わりなく。 相手より大きい武器(強い武器)を持っていないと落ち着かない、というのはあるでしょうね。 使わないけど安心のために持っていたい。 仕掛けられた時のことを考えての安心感というなら分かる気がします。 でも持ってたら使いたくなるでしょうね。 でもこのお話では使うところにはお話は至らず… 平和なオチで良かったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/05/03 12:35
厭な小説(京極夏彦)
私にとっては、厭な小説というよりは不可思議な小説だった。 厭だって思うより「なんで?」「どうして?」って気持ちの方が先に来ちゃったせいかも? どんなに嫌な気持ちになれるだろうかと期待していたのだけどなれませんでした… ところで、全部の話に深谷がからんでいるということは…彼の存在が引き起こしたことなんですかね… だとしたら厭ですねぇ… 悪意もなく、ただ存在してるってだけで数々の人々を不幸の極に引き寄せて行ったのだとしたら、厭ですねぇ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/05/01 13:25
また、桜の国で(須賀しのぶ)
自分が何者であるのか、何のために生きているのか。どんな時代に生きていても人が一生に一度くらいはぶち当たる壁であると思う。 ただ、要因は色々あれどその壁にずっと囲まれたまま生きている人というのも少なからずいて… アイデンティティが不確かであるということはとても不安であると思うし、自分の行動を決定する礎が、ある意味他の人より強固であるとも言えるし盤石であるとも言え、戦時下に於いて国の看板を背負って行動しなければならないとなったらそれはかなりのプレッシャーを産み迷いもあったのではないでしょうか。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/04/16 16:09
マリシャスクレーム(範乃秋晴)
もっとリアリティのある話かと思ってたので肩透かし。 なんだかよく分からないまま読了。 つまらなくはないけれど、私には作者の独りよがり感が強く感ぜられて読みづらかった。 コミュニケーションにおける普通ってなんなんでしょうね。 悪意を叩きこまれ続けた故に、人の言葉を悪意を持ってしてしか受け止められず、自分も悪意をもってしか言葉を返せない。 こんなに極端ではなくても、誰かにひどく傷つけられた過去があるならば、大なり小なりこの作品で言われている『普通』じゃない自分ができていくような気がします。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/03/16 16:43
さよならぼくのトラマル(江崎雪子/作・岡本順/絵)
『12歳、ぼくの夏』を先に読んだので純の12歳を知っていることもあってか、最後で涙うるうる。親から見たら子供は子どもだけど、子どもだって一人の人間なんですよね。当たり前だけど傷つくんですよね。知ったら傷つくだろうって大人は黙っているけど、知るタイミングが隠されないで知るのと隠された末に知るのとでは雲泥の差だと思うんですよね。今はまだその時じゃない、って思うのは大人の先延ばしにしたい思いから来るんじゃないかななどとも思ったり。まあ一概には言えないのは分かっていますが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/03/11 17:42
BとIとRとD(酒井駒子)
酒井駒子さんは、子供なら経験があるような小さな悲しみや驚きや喜び、大人になると失ってしまう悲しみや驚きや喜びを描き出すのがうまくて、読んでいると自分にこんな記憶があったんだって驚くような胸の部分がきゅんとなります。1、真夜中の機関車2、図書館3、お友達4、12月5、幼稚園6、指しゃぶり7、カミナリ8、スイレン9、□ちゃんと親しいもの ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/03/11 16:42
12歳、ぼくの夏(江崎雪子/作・いせひでこ/絵)
江崎雪子さんのこねこムーシリーズに当時小学生だった娘とはまってからだいぶ経ちましたが、他の作品も読んでみたいと思っていてようやく手に取りました。 こねこムーシリーズのような生きる強さにあふれているという感じではありませんでしたが、思春期の心の葛藤をを描いた正統派作品だな、と思いました。 理論的に語りたいんだけど感情が先に来るような、感情的になっているのを認めたくなくて屁理屈をこねまくるとか、思春期を通った人なら誰でも大なり小なり身に覚えがあるのでは? 純ほどドラマチックな幼少期を過ごしていないと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/03/05 12:29
海に向かう足あと(朽木祥)
地球上にある美しい自然と、美しい自然が孕む危険を命を懸けて楽しむヨット乗りたちと、ひたひたと迫りくる世界の終焉が、最初は少しずつ、やがては密に絡まっていく様子に恐怖を感じました。 まとまった時間がなく一気読みすることができず数日に分けて読んだのですが、その間の夢見の悪かったことと言ったら… 情報化社会になり、知らない間にどこかで何かが起きているということが、隠ぺいされない限りはまずなくなったと言える現代。 その分、隠ぺいされているということへの恐怖や警戒心は昔より増したと思われるし、同時に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/02/25 12:29
静かな雨(宮下奈都)
『スコーレNo.4』に惚れて、受賞作が出版されていないと知って残念に思い、本屋大賞をとったときにもしや?と思ったことが実現して手に入れることができた一冊。 原点、と帯に書かれていましたが。 原点を言うよりはベースと思いました。 いい意味でここから動いていないと思ったので。 物語りは行助目線で進んでいったけど、途中で、もし記憶がなくなることを逆手にとってこよみが暴言を吐くことがあったら?なんて思ってしまったけど、こよみさんはそんなことしないっていう確信が事故の前の部分から抱けてしまったので... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/02/25 11:49
ほげちゃんとこいぬのペロ(やぎたみこ)
もう、ほげちゃんてホントかわいいんだから!(笑) 最初はプリプリしてても気づくと面倒見の良さ全開になってるってところがほげちゃんらしい。 ぬいぐるみって持ち主にとってそんなポジションだと思っているのでそういう意味でもしっくりくるし、シリーズになってほげちゃんらしいという意味でもしっくりきました。 やぎたみこさんの対象物に対する愛情が感じされる絵にも癒されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/02/25 11:38
雪わたり(宮沢賢治/文・堀内誠一/画)
どうも宮沢賢治作品はよくわからないものが多い私ですが…でも機会があると読んでます。 今回は大人絵本会のお題に取り上げられたので手に取りました。 これは、声に出して読むと楽しめるお話だなあ、と思いました。 きつねって、お話だとずるがしこくて嘘つきに描かれていることが多い印象がありますよね。 でも私の中の絵本を代表するきつねは『てぶくろをかいに』なので人間に歩み寄ってくれてありがとう、と思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/02/25 11:31
大あたり アイスクリームの国へごしょうたい(立原えりか/作・北田卓史/絵)
すごくシンプルなんだけど面白い。 アイスクリーム食べ放題ですよ、と言われて山ほどたべました、ってならないところがいいです。 暑い日に、食べ過ぎちゃダメよ、って言われながら食べるから美味しいっていうのはありますね。 あとは寒い日にはこたつに入って、とか(笑) 挿絵のアイスに懐かしい包み紙のを見つけてニヤニヤ。 私も自分のお小遣いで駄菓子屋で買って食べたっけな〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/02/25 11:21
フリン(椰月美智子)
この方の作品は恐らく二冊目。なんかどうもしっくりこないというのが前回同様の印象。決して嫌いじゃないしつまらなくもない。でもなんか自分の感性にしっくりこない。なんだろう?あくまでも私には、なのですが、タイトルが魅力的というか想像力を誘われ感じでワクワクしながら読み始めて読み進めるのですが最後まで読むと「うーん」みたいな。でもフリンを扱っている割には嫌な感じは残らないしがっかりもしない。もしかすると、突き抜けるラストが待っていたら大好きな筋運びなのかも。 『葵さんの初恋』 真奈美から見ればちょっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/02/11 10:39
えんとつ町のプペル(にしのあきひろ/作)
ネットで話題のようですが、話題になる直前に借りてきました。 絵本というよりはイラスト集? お話はおまけで絵が主体って感じがしました。 絵本は両方のバランスが取れてて楽しむためにはどちらも欠かせないですが、お話がなくても眺めるだけでいいかなーという印象。 ペンダントの伏線もなかったし「父ちゃんはうそつきじゃなかった」の伏線も見当たらず。 細々と文字がかかれている割には隙だらけというかはしょられているというか。 この先の儲けのための導入物な感じがしました。 絵は、好みは分かれるでしょう... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/01/29 11:04
舟を編む(三浦しをん)
そういえば最近辞書をめくっていない。 かつては自宅の自分の座り位置の横に辞書がおいてあってしょっちゅうと言っていいほどめくっていたのに。 辞書は面白い。 かつては読みふけってしまったことさえあった。 紙の辞書は、ネットで検索するのと違っていろんな言葉に寄り道できる。 散歩のような冒険のような、それは愉快な寄り道である。 私の愛用の辞書はかなり古くて、絶え間なく改訂を重ねるということから言えば同じ辞書を愛用するというのはある意味間違った行為なのかもしれない。 でも辞書を引こうと思った... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/01/28 22:31

続きを見る

トップへ

月別リンク

読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる