アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪
ブログ紹介
いらっしゃいませ^^

当ブログにアクセスいただきまして、ありがとうございます。
巷にあまたいる活字好きの中の端くれが、読書記録&日常の思っただけ♪を綴っているブログです。
私の独断と偏見で書かれた読書感想ではありますが、もしよかったら目を通してみてくださいね。

絵本と直木賞を中心に読んでいますが、寄り道もたくさんしています。
子供の頃誰でも一度は頭を悩ませたことがあると思しき、夏休みの読書感想文の課題本もぼちぼち読んでます。

小説、絵本、児童書、児童文学、ラノベ、苦手な分野はあるものの基本的には雑食です。

カテゴリー分けにおける児童書と児童文学の区別は、主に小学生が対象とされているものを児童書、中学生が対象(作品によっては小学校高学年以上)とされているものは児童文学としていますが、個人的な分類方法なので「なんか違うんじゃない?」というのもあるかもしれませんがご了承ください。

♪インデックスはこちら♪
http://50595192.at.webry.info/200804/article_12.html

※2012年4月26日追記
YA(ヤングアダルト)は児童書に分類しています。

※2015年6月1日追記
エッセイと言う名の雑記を書き始めました。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
かさじぞう(瀬田貞二/再話・赤羽末吉/画)
昨年末の大人絵本会のお題本を今更ながら読みました。 年末を代表する昔話ですね。 子どもたちが小さいころ、絵本雑誌おひさまで読んだのを思い出しました。 このお話は、描き手が違えどあじわいのある絵で読むのがいいですね。 寒い夜にほっこりするお話なのですが、大人目線の感想をひとつ。 じいさんの善行にお礼を返しに来たのは分かるのですが、ばあさんがいい人とは知らないだろうに二人の家はどこだ的なフレーズで家を訪ねてきたのはなんででしょう… もしもばあさんが性悪だったとしたらしめしめって感じですよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/01/04 21:32
面白いほどよくわかる臨床心理学(稲富正治)
昨年、稲富さんの講演会に出席する機会を得まして、その語り口調がとても好ましく、そして内容もよく、もう一度出席してみたいと思っているのですが、機会を得ることが難しそうなので「それならば」と思って著作を手に取ってみました。 臨床心理学にまつわることをざっくり知りたいならとても興味深い内容と言えると思います。 ですが、ある症状に対して臨床心理学的にどう対処するのか知りたいということであれば肩透かしを食らうと思います。 どのような症状に臨床心理学でどう対処するか、がメインではなく、臨床心理士にまつ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/12/16 15:48
Father Christmas(RAYMOND BRIGGS/さく・え)
原書のタイトルにさむがりやの言葉はない。 タイトルはシンプルにサンタクロース。 絵本だし、文字数が少ないく言葉も簡単なので英語に堪能じゃなくても苦なく読めました。 この絵本のキーワードはbloomingなのか(笑) 訳書の中で一番気になった『ふろよりらくはなかりけり』の原文は『Nothing alike a good bath』だった。 なるほど納得。 次に気になったネコと犬に名前はなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/11/27 14:01
さむがりやのサンタ(レイモンド・ブリッグズ/さく・え・すがはらひろくに/やく)
さむがりやなのになんで寒い季節の外でする仕事を選んだんだろう? サンタの仕事は好きなんだけど、寒いのがこの仕事の唯一の欠点、って感じなのでしょうか(笑) ぐちぐち言いながらも業務を遂行する姿がよいです。 酒好きってのがまたよいですね。 それに、ふろよりらくはなかりけり、って(笑) 原文が知りたいところが多々あるので次に原書を読みます。 今度のクリスマスは、「今頃サンタさん、くつろいでるかなぁ」なんて思うことにしようっと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/11/27 13:39
10歳の質問箱・なやみちゃんと55人の大人たち(日本ペンクラブ「子どもの本」委員会/編
ひと言で言ってしまうなら、自分で考える力をつけましょう、それに限るような。 でもそれは事実で生きていくうえでとても大切なことと思います。 親の言うことは聞かなくても、著名な大人の言うことなら耳を傾けることもあると思うので、こういう企画はなかなかいいかな、と思います。 個人的には、参加している方たちのお名前が、その作品を読んだことにより既知であるため、そういう意味での面白さもありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/11/27 13:22
アラフィフにして牛田智大くんという沼に堕ちました(笑)
牛田智大くんのピアノ演奏の沼に堕ちました(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/11/22 18:48
会津執権の栄誉(佐藤巖太郎)
歴史に疎くて歴史が苦手で(何度勉強しても何冊も歴史小説を読んでも)史実が十分に頭に入っていない身としてはちょっと読むのがしんどい部分がありました。時系列が逆になっただけで理解がさらに薄くなってしまい…残念ながら楽しめず。義務教育レベルでも十分に歴史が理解できていれば面白いのではないかと思いました。そのせいか、『退路の果ての橋』が一番面白く感じたかも…何しろ先読みができないので。先読みできないからこその面白さがありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/11/21 16:03
おさらをあらわなかったおじさん(フィリス・クラジラフスキー/文・バーバラ・クーニー/絵)
衛生不衛生はさておき、ラストまで読んで「おじさんエライ!」って思ってしまった私はどんだけ無精者なんでしょう。 だって私ならきっと…また雨が降るまで溜めればいいやって思っちゃうと思うので… 面白本なんだろうけど個人的にはちょっと反省を促されたかも(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/10/29 12:53
リトル・ピアニスト牛田智大(伊熊よし子/著・能登直/写真)
天才とは、努力を苦痛と思わず愉しみと感じることができる人のことを指すんでしょうね。あとは環境の影響も割と大きいかな。数か月前にたまたまYOUTUBEで牛田くんの『乙女の祈り』を聴き、その演奏のあまりの好みに驚き、今や購入したCDをヘビロテする毎日を送っています。生活に余裕ができたら是非リサイタルに行きたいと思っています。さて、肝心の本の内容に戻りますが…半分は写真集ですね。まあこの可愛らしさですので、ビジュアル売りをしようとする大人が集るのは仕方ないでしょう。でもそんなものを吹き飛ばすくらいの魅... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/10/23 08:51
劇場(又吉直樹)
『火花』を読んだ時に「この人の作品は当面いいや」って思ったんだけど読むことになったのは…火花を読む前に劇場が出版されて図書館で予約してたという理由です。 うーん、火花よりも読むのがしんどかった。 平成版神田川?22歳の別れ程には女性がある種の強さを持っておらず…男ってバカみたいに尽くす女に一度は憧れるんですかね? いつの時代もそういう感じの話が書かれるってことは。 でも実際に尽くされると鬱陶しいという…精神的DVの典型を見てるみたいで胸糞が悪かったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/10/14 19:09
うきわねこ(蜂飼耳/ぶん・牧野千穂/え)
えびおくんがかわいい。感想の第一はこれに尽きます。自分の死期を察したおじいちゃんが訪ねてきたのかな?なんて思いつつ… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/10/09 11:31
月の満ち欠け(佐藤正午)
佐藤正午さんの作品を読むのは『身の上話』に続いて2作目なのですが、どちらもドラマチックな日常が、平凡な日常と表裏一体のドラマチックな物語が描かれていると思いました。 起きていることはとても大きなことなのに、日常の中に当たり前のように溶け込んでいる、そんなふうに感じさせる描き方に魅了されました。瑠璃の生まれ変わりのスピードがあまりにも早すぎて、途中「魂が疲れちゃうよ〜」と思ったりもしましたが、何度も接触をチャレンジしないと生まれ変わりって信じてもらえないものなのかもなあ、と思いもしました。青森の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2017/10/07 12:41
第156回直木賞候補作についての個人的ランキング
第156回の直木賞候補作を全部読み、感想をアップしたので以下にまとめてみました。 冲方 丁『十二人の死にたい子どもたち』(平成28年/2016年10月・文藝春秋刊) http://50595192.at.webry.info/201709/article_3.html 恩田 陸『蜜蜂と遠雷』(平成28年/2016年9月・幻冬舎刊) http://50595192.at.webry.info/201707/article_5.html 垣根涼介『室町無頼』(平成28年/201... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/27 14:53
十二人の死にたい子どもたち(冲方丁)
素材が興味深いだけにもったいなかったかなあ、というのが一番の感想です。 自分が解決できないと思っている悩みや現実、逃避したい出来事や現実を、最終的に死にに来た場所で出会った人たちが解決の糸口を提案してくれたり、緩和の手助けをしてくれるというのはなかなか良いオチだと思うのです。 確かに子供の世界って狭い。 狭い中で必死になっている子供たちや、その世界を捨てたり壊したりしようとする子供たちの物語はいくつもあるし読んできましたが、この角度はなかったので『集い』という形は斬新でいいと思うのですが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2017/09/27 14:46
りっぱな犬になる方法(きたやまようこ)
この本さえ読んでおけば、いつ犬になっても大丈夫! !? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/09/17 19:15
華々しき鼻血(エドワード・ゴーリー)
文だけでも絵だけでもそれなりにいいんだけど、合わさると出来上がる独特のゴーリーワールドはクセになりますね。 ふふふ… アルファベット順?何が?副詞が、って、おやまあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/09/13 14:26
あとは野となれ大和撫子(宮内悠介)
この著者の過去2つの直木賞候補作が全くを持って理解不可能だったので、今回も読み始めるまでは気後れしていたのですが…いや、これ、面白いじゃないの… ところどころ文体とかセリフ回しとかがラノベっぽいのがちょと気にかかりましたが…。 いや、ラノベを否定しているのではなく、ところどころに出てくるのが気になっただけです。 勉学の機会がないだけで知識を得る機会がない人たちが知識と教養を身に着けて国を成していく、というのはなかなか面白かったです。 リアルと空想が程よく混ざっていて、ところどころで胸がざ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/08/31 18:11
敵の名は、宮本武蔵(木下昌輝)
これまで読んだ歴史小説で、その人物を知らなかったりからきし興味がなかったりしたことはあったし、それなりに面白かったりあまり興味をそそられなかったりもしたけれど、これは…読みやすくはあったけど私には面白く感じられませんでした。 なんだろう、例えるなら、同窓会で、学生の頃悪で名を馳せた人物のその当時の話やその後のエピソードを、その当時やその後にその人物に関わった人たちに滔々と聞かされたような感じでしょうか。 自分の知ってる歴史エピソードがからんでくることもなく、ただひたすら宮本武蔵記という感じ。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/08/23 12:51
室町無頼(垣根涼介)
歴史小説を読むたびに必ずと言っていいほど感想に書くひと言。 学生時代、歴史は大の苦手でした。そもそも暗記するだけの教科と思っていました。 それでも直木賞好きの一環で歴史小説に触れる機会が増え、読むたびに歴史の面白さに触れてきました。 歴史を受験のふるいのための暗記物教科に落としてしまった人を恨みます。 時は室町時代。もしかすると初読みの時代? 歴史はもとより、この時代に明るくない私にもわかりやすく読みやすい作品でした。 なにしろ、骨皮道賢、蓮田兵衛男、吹き流し才蔵たちの関係がカッコイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2017/08/13 13:40
『ブラティスラヴァ世界絵本原画展』に行ってきました
過日、平塚市美術館の『ブラティスラヴァ世界絵本原画展』に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/08/08 11:28

続きを見る

トップへ

月別リンク

読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる