アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪
ブログ紹介
いらっしゃいませ^^

当ブログにアクセスいただきまして、ありがとうございます。
巷にあまたいる活字好きの中の端くれが、読書記録&日常の思っただけ♪を綴っているブログです。
私の独断と偏見で書かれた読書感想ではありますが、もしよかったら目を通してみてくださいね。

絵本と直木賞を中心に読んでいますが、寄り道もたくさんしています。
子供の頃誰でも一度は頭を悩ませたことがあると思しき、夏休みの読書感想文の課題本もぼちぼち読んでます。

小説、絵本、児童書、児童文学、ラノベ、苦手な分野はあるものの基本的には雑食です。

カテゴリー分けにおける児童書と児童文学の区別は、主に小学生が対象とされているものを児童書、中学生が対象(作品によっては小学校高学年以上)とされているものは児童文学としていますが、個人的な分類方法なので「なんか違うんじゃない?」というのもあるかもしれませんがご了承ください。

♪インデックスはこちら♪
http://50595192.at.webry.info/200804/article_12.html

※2012年4月26日追記
YA(ヤングアダルト)は児童書に分類しています。

※2015年6月1日追記
エッセイと言う名の雑記を書き始めました。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
音楽の革命児ワーグナー〔ジュニア音楽図書館〕(文・絵・松本零士/監修・門馬直美)
ちょっと前に復刊が話題になっていて気になった本。 序章のような物語と伝記からなる二部構成。 伝記は、ワーグナーの作品に関することがメインで、その生涯のエピソードはサイドストーリーな感じ。 まあ、伝記になるような偉人はその生涯においてが何かついてろくでもないことが多いので、小学生向けの読みものだとだいたいこんな感じですね。 酒、女、金の類に溺れていたとか性格がトンデモナカッタとか、しかもそのトンデモナイぶりがぶっ飛んでたりすることも少なくないので、大人向けの読み物としたら面白くなるんでしょ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/05/18 20:51
化学探偵Mr.キュリー7(喜多喜久)
献本応募に当選して届けていただいてからしばらく経ってしまいましたが… 当選したときは、自ら応募しておきながら「7?いきなり7?当たっちゃったけど大丈夫なのかな?」と思ったのですが、そんな心配は杞憂に終わりました。 これだけでも十分楽しめました。 もちろん、シリーズを読んでいた方がもっと楽しめたのかもしれませんが。 でもシリーズを読んでみたいと思わされるような面白さは十分にありました。 自分にとっては、今後シリーズを読むにあたっての登場人物の紹介にもざっくりとはなったんじゃないかな、と思... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/05/16 09:49
MR.RABBIT and the LOVELY PREZENT(CHARLOTTE ZOLOTOW
大人絵本会のお題本になり先に翻訳版を図書館で借りて読んだところ、参加者の方に原書の方が色がいいと伺いこちらも手に取ってみました。 確かに原書の色使いの方が趣があります。 翻訳本の色がやけにキツイというかメリハリつきすぎてるのは何故? 大人絵本会にて印刷技術によるものだというお話もありましたが、実際のところはどうなんでしょうか? 物語に関する感想は翻訳版の方に書いたので、こっちにはそれを受けての感想を追記する感じで。 原文でもMr.Rabbitのキャラはそのままでした(笑) ボケるは一... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/05/14 13:33
くちなし(彩瀬まる)
ものすごい世界観だな、と思いました。 ともするとおどろおどろしい印象を与えそうなモチーフだと思うのですが、それが見事にどろっともったりと濃厚で、なのにあっさり呑み込めするりと自分の中に落ちていく、一つ読んでは読むという行為が満たされるのにどんどん読めるという、なんとも不思議な魅力がありました。 『くちなし』 愛とは…その人の一部でも完全に自分のものにしたいと思うことなのか、それとも全てを自分のものにしたいと思うことなのか…そしてどちらがその人にとって幸せなのか、そして愛された相手にとっては... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/05/14 12:34
ふたご(藤崎彩織)
世間的には割と高評価? 私にはおもしろく感じることができずに読み終えるまでにかなりの労力を要してしまいました。 後半の、夏子が作詞を完成させる過程において感情が変化していく部分も伝わりづらく、表現しようとして言葉は重ねられてるんだけどしみてこないというか…恐らく大事な場面だと思うのですが。 あとがきに自分の経験をベースに、とありましたが、いくらなんでもベースにし過ぎなのでは…という思いも。 ところどころ大きなエピソードをかぶせるというのはよくある手法かと思うのですが、大筋にちょっと脚色っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/05/05 13:36
MOE40thAnniversary5人展@MATSUYA GINZA(4/28)
今更ですが… 去る4/28にMOE40thAnniversary5人展に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/05/04 17:54
LENA MARIA FOT-NOTER足で書かれた物語(レーナ・マリア/ビヤネール多美子・瀬口巴訳
長いこと読みたい本リストに入っていた一冊。 読もうと思ったきっかけは、当時小学生だった娘に勧められて読んだ学習漫画と記憶。 過去ブログをさらったら2010年10月だった。 なんとまあ長く寝かせてしまったことか。 漫画を読んだ時とあまり感想は変わらないかな… http://50595192.at.webry.info/201010/article_33.html やはり福祉環境の違いと、それによる個人の意識の違いの大きさを感じました。 もちろん、ご本人や家族の考え方の強さというか柔和... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/25 09:04
都響・八王子シリーズ @オリンパスホール八王子・4/22(日)
行ってきました八王子… 遠かったけど行きはうきうきわくわく、帰りはふわふわうっとりしてたから大変じゃなかった(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/22 23:23
うさぎさんてつだってほしいの(シャーロット・ゾロトウ:ぶん/モーリス・センダック:え/こだまともこ)
ところどころちょっとずつ変わりながら繰り返しで進むお話。 出来上がったのは結果的にはフルーツバスケットなのですが、うさぎさんが真摯に相談に乗ってあげるのがいいですね。 ところでこの女の子、本当にプレゼントに迷ってたのかなぁ。 うさぎさんとお話したくて話題作りにおかあさんの誕生日をネタにしただけなのでは? だってこのうさぎさん、なんかやけに大人っぽくて素敵感ありません?(笑) ところで、ちょっと不思議だったのはあおのくだり。 おほしさまがあおかー、と。 確かに星には赤いような温かいひ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/18 17:23
ゆうれいなっとう(苅田澄子/文・大島妙子/絵)
正直、読みどころが分からず… ゆうれいなっとうはおばけのために作られたのか? じゃあ誰が作ったの?何の目的で? おばけが人を怖がらせるのが上手くなるように? スーパーには紛れ込んじゃったのかな? っていうか、ゆうれいってご飯食べるの? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/18 17:06
ファンという名の病が慢性期に入りました
もともとピアノの音が大好きだった私。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/18 10:26
おたよりください(K.スンド・作/木村由利子・訳/A.セラーノ=プネル・絵)
すごくシンプルなハートウォーミングなお話。 八歳同士の文通のはずが実は… でもその間違いがあったからこそ始まる素敵なお話です。 ちょっと出来過ぎかな、と思いつつも、二人の書簡のやりとりがあまりにも楽しそうでついついどんどん読んじゃう感じ。 ちょっと悲しいエピソードもあるけど悲しいだけじゃ終わらないところから人生のおもしろさも伝わって来たりするのも良いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/17 22:04
ちっちゃく自己満足オタ活メモ
今更ですが…ピアノの森のアニメが始まりました。 豪華なピアニスト陣とともに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/11 10:14
「おまえだ!」とカピバラはいった(斉藤洋)
児童書には、大人にも難解な疑問や悩みを子供目線で考え解決へと導く手立てとなるものがありますね。 この手の物語を難解だと感じるのはきっと目線が大人のそれだからなんじゃなかと思いました。 きっと子供はもっとシンプルな心の目で読むので難解に感じないんじゃないでしょうか。 でも心のどこか片隅に引っかかり続けて、大人になったある日、そういう本と再会して新たな感動を胸にするんだと思います。(他の本による経験談こみ) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/09 16:41
世古武志バースデーライブ(釈迦の)@新宿SACT
今年で4回目! 行ってきました世古武志さんのバースデーライブ(釈迦の)! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/09 09:18
ばーとん展@教文館9Fウェンライトホール
正しい展のタイトルは 『ちいさい おうち の ばーじにあ・りー・ばーとん』 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/09 09:04
えとえとがっせん(石黒亜矢子)
正統派えと絵本かと思ったら違って今どきの感じだった。 でもこれはこれでよい。 はりねずみの、 「じゃなんでけっとうしたの?」 のセリフには「え?威張り散らしてる奴らを改心させるためでは?」 とツッコんじゃったけど(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/09 08:29
自分アウトプットのための詩のようななにか
牛田智大さんのFBが終了してからこっちどうも牛田君ロスな私。 ということで、頭の中やら心の中を整えるために自分垂れ流し気味にアウトプットしてみた。 それが以下の詩のようなもの。 みっともなく恥ずかしいけどアウトプットしないとなんか自分ん中の何かが満タン気味であふれそう(意味不明) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/07 22:01
あめのひのくまちゃん(高橋和枝)
雨の日の絵本を読むと、子どもの頃の雨の日を思い出します。 子どもの頃は雨の日を丸一日堪能したよなぁ。 晴れの人違う顔を見せる外の色々とか、音の色々とか、ちょっとさびしくもありそれがまた楽しかったりもしたよなぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/06 12:53
コカコーラ・レッスン(谷川俊太郎)
谷川俊太郎さんは、知ろうとすればするほどよく分からなくなる人である。 人懐っこい詩を書き、近くに感じさせたかと思うと、よそよそしくさえ感じられる、遠い人なんだと思わされる詩を書く。 だから谷川俊太郎さんの世界に触れることがやめられない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/06 12:43

続きを見る

トップへ

月別リンク

読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる