クルトフォルケンの神話(図子慧)

恐らく今から30年くらい前、雑誌コバルトで読んだのが初読み。
図子慧さんのデビュー作、といいますか、コバルトノベル大賞受賞作です。
当時のコバルトのカラーで言ったら異色だった記憶があるのですが、コバルトにどっぷり浸かっていた私には予想外の方向に卓越した作品でした。
今回、作者さんご本人に電子書籍で読めるというお話を伺い再読しました。
うーん、なんて蠱惑的な物語と文章なんでしょう。
読後しばらく経った今も空恐ろしさに包まれています。
彼女はどうなったのか、彼はどう生きて行くのか…気になります。
https://www.papy.co.jp/act/books/1-1388/

"クルトフォルケンの神話(図子慧)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント