さるのオズワルド(エゴン・マチーセン/作・松岡享子/訳)

同作者さんの『あおい目のこねこ』を読み、あの作品の読みどころが分からずこちらを読んでみたのですが、やはり読みどころがわからず。
「おっと、まちがい」は単なる言葉遊びなのでしょうか?
それともオズワルドの教養のなさを表しているのでしょうか?
教養のないものでも、集まって力を合わせれば権力のある者を懲らしめられるということでしょうか?
もしオズワルドを教養のないものではなく愚かなものとして描いているのだとしたら、愚かなものはその愚かさゆえに他者が言わないことを堂々と言い、結果的に物事を良い方向にかえることがあるというお話なのでしょうか?
『あおい目のこねこ』からの受けた印象がなければあまり深く考えなかったかもしれませんが、あの作品からつまはじきものの扱いに疑問を感じていたところなので…

さるのオズワルド
こぐま社
エゴン マチーセン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by さるのオズワルド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




さるのオズワルド [ エゴン・マチーセン ]
楽天ブックス
エゴン・マチーセン 松岡享子 こぐま社発行年月:1998年03月 予約締切日:1998年03月03日


楽天市場 by さるのオズワルド [ エゴン・マチーセン ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"さるのオズワルド(エゴン・マチーセン/作・松岡享子/訳)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント