チムとルーシーとかいぞく(エドワード・アーディゾーニ/さく・なかがわちひろ/やく)

きちんと自分のやるべきことをこなせば、子供でも仲間と認めてもらえるという部分が気に入って読み始めたシリーズ。
今回はルーシーという女の子が登場します。
冒険っていうと、やっぱり女の子は二番手なのかなーなんて思いつつも、ルーシーはルーシーで自分のできることをやって仲間として存在しているところは良かったです。
お飾りキャラだったり、足手まといキャラだったり、実はチムより勇敢で賢しくてっていう意外性を狙ったキャラだったりしたらがっかりでしたから。
あと、スモウリーさんの立場が大人の社会の中で置かれがちな立場を表しているようで序盤はちょっと切なくやがてほっとしました。
やりたくない仕事をあてがわれてもやらなきゃいけないなら一念発起したもん勝ち、なことは多いですもんね。

チムとルーシーとかいぞく (チムシリーズ第2巻)
福音館書店
エドワード・アーディゾーニ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by チムとルーシーとかいぞく (チムシリーズ第2巻) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




チムとルーシーとかいぞく [ エドワード・アーディゾーニ ]
楽天ブックス
チムシリーズ2 チムシリーズ 第2巻 エドワード・アーディゾーニ なかがわちひろ 福音館書店チム エ


楽天市場 by チムとルーシーとかいぞく [ エドワード・アーディゾーニ ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"チムとルーシーとかいぞく(エドワード・アーディゾーニ/さく・なかがわちひろ/やく)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント