長新太の脳内地図展に行って来ました

横須賀美術館に『長新太の脳内地図展』を見に行って来ました。

長新太さんは、作品を作るにあたってダミー本を制作されていたらしく、何冊か展示されていました。

そういえば、だいぶ前だけどブックハウス神保町まで見に行ったやぎたみこさんの原画展には、絵本の舞台になったお家の模型が展示されていたっけ。

作家さんによっていろんな仕事のやり方があるんだなーって改めて感心しました。

長新太さんの作品との出会いは、分かっている限りでは月刊誌おひさまの『へんてこライオン』なのですが、もしかすると、私の記憶に残っていないだけで子供の頃に出会っているかもしれません。

気に入った作家さんの作品を追っていると「あれ?この絵本、子供の頃に見たことがある!?」ってことがたまにあるので。

ところで、私は佐々木マキさんの作品も大好きなのですが、長新太さんも佐々木マキさんも、どちらもガロにマンガを寄稿されてたんですよね。

かつて、声優さんになった人たちがもともとは俳優さんだったように、いつしか新境地を開いていく人と言うのが、どの業界にもいらっしゃるのかもしれないですね。

原画展は、まだ片手で数えられるくらいしか行ったことがないのですが、原画の質感とか画材の立体感というのは、録画じゃなく舞台の生芝居、録音じゃなくてライブの歌声、と似たような感動とわくわく感があるなーと感じています。
機会があったらその手の催し物、また行きたいなー。

"長新太の脳内地図展に行って来ました" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント