チムとゆうかんなせんちょうさん(エドワード・アーディゾーニ/さく・せたていじ/やく)

何気なく手に取って読み始めたら、ぐんぐん引き込まれてしまいました。
絵本なのでそんなに長くないはずなのに、何日もの冒険に出たようなハラハラドキドキとチムの達成感を感じました。
船長が次の航海にチムを連れて行きたいと言い、それをおとうさんとおかあさんがよろしいと言ったのにはちょっと驚きつつも嬉しく思いました。
そんな危険な目に合わせたくないからダメ!
って大抵の親なら言うと思うので。
所詮絵本と言ってしまえがそれまでですが、わざわざこのくだりがあるとことが気に入りました。
序盤で、「まだちいさすぎる、おおきくなって、おとなにならなくちゃだめめ」と言っていましたからね。
つまりは、チムを認めたってことになるわけですから。





チムとゆうかんなせんちょうさん新版 [ エドワード・アーディゾーニ ]
楽天ブックス
チムシリーズ1 世界傑作絵本シリーズ イギリスの絵本 エドワード・アーディゾーニ 瀬田貞二 福音館書


楽天市場 by チムとゆうかんなせんちょうさん新版 [ エドワード・アーディゾーニ ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"チムとゆうかんなせんちょうさん(エドワード・アーディゾーニ/さく・せたていじ/やく)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント