わたしがあかちゃんだったとき(キャスリーン・アンホールト/作・角野栄子/訳)

すごくシンプル。
タイトル通りにわたしがあかちゃんだったときのお話。
ちいさかったときのことをいろいろ尋ねる女の子がかわいくもあるのですが、私が一番気に入ったセリフは
「でもすぐにママがみつけてくれたのよね」
覚えているのかいないのかは描かれていないので定かではないですが(かなり小さいときのことを覚えている小さい子もいると思うので)、私は当然みつけてくれたわよね!というママへの信頼感からくる言葉だと解釈しました。
子供にこういうふうに言ってもらえたら嬉しいなあ、と思うので。

わたしがあかちゃんだったとき
文化出版局
キャスリーン アンホールト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by わたしがあかちゃんだったとき の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




わたしがあかちゃんだったとき/キャスリーン・アンホールト/角野栄子【後払いOK】【1000円以上送料無料】
オンライン書店 BOOKFAN
著者キャスリーン・アンホールト(著) 角野栄子(訳)出版社文化出版局発行年月1990年11月ISBN


楽天市場 by わたしがあかちゃんだったとき/キャスリーン・アンホールト/角野栄子【後払いOK】【1000円以上送料無料】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"わたしがあかちゃんだったとき(キャスリーン・アンホールト/作・角野栄子/訳)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント