ママ友同士の二人連れ

道路を歩いていると、大人の二人連れをよく見かける。

そしていつも見かけるたびに思う。
ママ友同士の二人連れの道幅をとって歩いているのを鬱陶しいなあ、と。

学生さん同士だと、男子女子に関わらず、ある程度近づいて歩いている。
集団で横広がりにちんたら歩いている集団もいるけれど、二人連れとなると二人の間隔をそれほどあけていないのでさほど邪魔だとは感じない。

お年寄り世代になると、耳が遠くなることもあるのか、はたまた近くにいることで安心をするのか、わりかし二人の距離をあけないで歩いている。

ところが、ママ友同士と思われる人たち二人組というと…不必要に距離を保って歩いているので鬱陶しいことこの上ない。

人一人分が入れそうなスペースを保っていることが多いので、二人連れなのに3人分のスペースをとっていることがほとんど。
逆に、距離を保って変に広がって歩いている二人連れを見かけると「ああママ友だな」って思う。

ほとんどの人にとってママ友って、親しくしてて損はないけど、実は好き好んで親しくしたい相手じゃないんでしょうね。
それがあの歩くときの鬱陶しい間隔に現れてるんじゃないかと私は思うのです。

"ママ友同士の二人連れ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント