浅草・ほおずき市

もう10日ほど前のことになりますが、浅草のほおずき市に行って来ました。

もともと浅草は好きなのですが、いつ行っても人が多くて人疲れしてしまうので長居はしません。

ほおずき市に行くのは人生3度目で、1度目は二十歳の頃、2度目は昨年で、2年連続でほおずきの鉢を購入しました。

観賞用のほおずきは多年草なので、きちんと育てると毎年花を咲かせて実をつけるようです。
昨年しらべるまでは知らなかったのですが、食用のほおずきというのもあるそうです。

昨年は、購入後まもなくマンションの大改修工事が始まってしまい、室内に置いておいたのですがいい場所に置けず、うまく育てることができませんでした。

今年はあらかじめ大きめの鉢と土を準備して備えたので、購入後数日以内に植え替えを行いました。
初日と翌日はちょっと元気がないように見えましたが、今はすっかり葉の色艶がよくなっているように見えます。

さて、浅草での話に戻りますが、観光客が多いのはいつものことですが、中国人観光客の比率が行くたびに上がっていくなあと思います。

中国では赤いものが縁起がいいとされていると聞いたことがあるのですが、ほおずきのオレンジは当てはまらないのかな?
粒の大きいイチゴはかなりの高値で売れると聞きましたが。

仲見世通りより一本脇の道を歩いて本堂まで行き、逆側の一本裏側の道を歩いて雷門付近まで戻るというルートをとりました。

途中、職場へのお土産の人形焼をかうために仲見世通りに入ったのですが、やはり人が多かったです。
それでも平日だからまだいいほうなのかなぁ。

来年は…ほおずきがうまく育ったら行く予定ないけど、育たなかったらまた行っちゃうかも。

"浅草・ほおずき市" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント