侵略・中国における日本戦犯の告白

自分からセレクトしたわけではなくひょんなことから読むことに。
なぜ戦争がよくないのか?という質問に対するある一つの答えがここにあります。
私は絵本が好きなのですが、絵本でよくあるのは、残された女の子供の悲劇を描いたもので、児童書あたりになると現代っ子があるきっかけで戦争にまつわる話を知る、という形が多くなるように思います。
なので今回、戦犯となった人たちの記憶の記録を読むというのはとてもいい機会となりました。
そんな本には興味がない、と思っている人にも、是非あとがきだけでも読んで欲しいなあと思いました。
戦地に行かされ自分の命を失うかもしれないという恐怖以上に、人を殺すことになんの抵抗も感じなくなってしまうことの方がよりいっそう怖いことだと思います。
戦地で実際に戦う人たち、戦争に家族を奪われた人たちが幸せになり満たされることはありません。
戦争で満たされることがあるとしたら、戦争に行けと高みからいう人や、自らは戦わないでお金になる人たちだけなんじゃないでしょうか。
結果的に国が潤うとしても、そのために人の命をゲームの駒のように扱っていいはずはないと改めて思いました。

侵略―中国における日本戦犯の告白
新読書社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 侵略―中国における日本戦犯の告白 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




侵略 中国における日本戦犯の告白 【中古】afb
古書 高原書店
発行年:1982年備考:新装版、シミ、カバヨゴレ状態:CB6サイズ参考画像はありません


楽天市場 by 侵略 中国における日本戦犯の告白 【中古】afb の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"侵略・中国における日本戦犯の告白" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント