アーネストがころんだ―くまのアーネストおじさん(ガブリエル・バンサン/さく・もりひさし/やく)

このシリーズ、読めば読むほど、二人の世界の強固さに感心したり呆れたりすることが増えてきました。
なんでも二人で解決しようって気持ちは分かるけど、セレスティーヌが集まって来た人たちをおっぱらうのを、本来はアーネストがたしなめなければいけないんじゃないかと思うのですが。
集まってきた人が心配の声をかけているカットがあるだけになおさらそう思いました。
それに、セレスティーヌには結婚式でやるべきことがあったようなのに、あっさりすっぽかしてるし…
でもまあ、この二人を知ってる人だったら許しちゃうんだろうけど。
っていうか、この二人を知ってる人だったらはなからかかりなんて頼まないとも思うんだけど…

アーネストがころんだ くまのアーネストおじさん
ブックローン出版
ガブリエル バンサン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アーネストがころんだ     くまのアーネストおじさん の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







"アーネストがころんだ―くまのアーネストおじさん(ガブリエル・バンサン/さく・もりひさし/やく)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント