RPG(宮部みゆき)

殺されて当然とまでは思わないけど、この娘は親という立場を利用して父親に精神的に殺されたようなものですからね…
ネットがらみの登場人物からはネットと現実の教会の曖昧さが垣間見られたものの、取り立てて心に残るほど衝撃的でなく、まだまだ切り分けられてると感じたのでテーマはそこじゃないのかな、と思いました。
子供にはいつまでも親の記憶に残るかわいいまま(思い通りの言動そしたり反応をする)でいて欲しいっていうのはおそらくいつの時代のにもあった親の勘定だと思うんです。
私も父親に類することを言われましたよ。
芸能人を指して「この子が娘だったらよかった」って言われて「性格なんてわかんないじゃん」って言ったら「性格悪くても少なくとも自慢はできるからな。お前には自慢できるところなんてないからな。昔はお父さんべったりでかわいかったのに」って。
こんなレベルや種類じゃなくても子供が思うような言動をとらなくなったが故に存在を否定するような発言をする親ってけっこういるんじゃないでしょうか。
ただ、ネットがあったがために言葉だけじゃなく態度で示されちゃったこの娘は本当に不幸だと思います。

R.P.G. (集英社文庫)
集英社
宮部 みゆき

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by R.P.G. (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"RPG(宮部みゆき)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント