しろねこくろねこ(きくちちき/作)

なんだろう、この違和感は。
分かってくれる人が一人いればいいじゃない。
それが自分にとって大事な人だったら尚更いいじゃない。
ってなんで思えないんだろう。
たぶん、しろねこがくろねこを見失ってしまうあの1ページが私にとってはいけなかったんだと思います。
いつかきっと、近い未来、または遠くない未来に、しろねこはくろねこを見なくなるんじゃないかと感じて。
中学時代、しろねこの世界から突然はじきだされたくろねこの記憶が自分の中に眠っているのだと思います。
ああそうか、ここまで書いて気づきました。
この本は、絵本によくありがちな、違う君でいいんだよ、僕は君のそばにいるよ、というハートウォーミングな絵本でないんじゃないかと。
こんなに仲良しの二匹もいつかは捨てる捨てられる関係になるんだよ、という絶望の序章の絵本なんじゃないかと。
そう思うと…泣けてきた。

しろねこくろねこ (絵本単品)
学研教育出版
きくち ちき

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by しろねこくろねこ (絵本単品) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




しろねこくろねこ
ぐるぐる王国 楽天市場店
きくちちき/〔著〕本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認ください出版社名学研教育


楽天市場 by しろねこくろねこ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"しろねこくろねこ(きくちちき/作)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント