くりぃむパン(濱野京子/作・黒須高嶺/絵)

予想外にたくさんのくりぃむがつまっていてびっくりしました。
自分の年齢のせいかなー、すべての人の気持ちがそこそこ分かっていろんな人の言動がすとんと心に入って来ました。
でも、少し読み進んでから香里も未果も小4なんだって途中で再認識した時にちょっと大人っぽすぎるんじゃない?と思ってしまいました。
未果が大人っぽいのは設定としてさておき、香里の心の動きが小4にしては複雑すぎるような…個人的には小6くらいが打倒かな、と思ってしまいました。
あと細かいことですが、守銭奴なんて言葉が普通に出てくるのは、まあ、香里は大勢の大人に囲まれて生活してるのであるかな~と思っても、同級生も聞きかじりって感じじゃなくて普通にその言葉を扱ってるのには…イマドキの小4って言葉に対する知識が豊富なのかなあ?と個人的にはやや疑問に思ってしまいました。
ラスト近くの未果のからまわりっぷりというか暴走っぷりというか…子供らしくて、悲しいシーンでありながら反面ほっとしました。
と、母親目線がっつりな感想になってしまいましたが、大家族っていいなあ。
たぶん、私には大家族の一員は務まらないと思うけど。

くりぃむパン
くもん出版
濱野 京子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by くりぃむパン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




くりぃむパン [ 濱野京子 ]
楽天ブックス
濱野京子 黒須高嶺 くもん出版【学び1308】 発行年月:2012年10月 ページ数:142p サイ


楽天市場 by くりぃむパン [ 濱野京子 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"くりぃむパン(濱野京子/作・黒須高嶺/絵)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント