ぐるりのこと(梨木香歩/著)

タイトルに強くひかれて梨木香歩さんのエッセイ初読みです。
すべてを包み込むような、包みこむすべてをあらわすような『ぐるりのこと』という言葉に惹かれて読み進めると、梨木さんご自信もこの言葉に強く惹かれたとの事。
人が生きていく基盤でありながら流動性があるものを指し示す言葉と私は受け取りました。
日常の中のふとしたぐるりから広がる大きな世界規模のぐるりまで、梨木さんが抱いている気持ちや考えがじんわりと伝わってきました。
書く理由、これからも書き続けていきたいことも伝わってきましたし、これまで読んだ梨木さんの作品と共通するものを感じて深く頷ける内容と思いました。

ぐるりのこと
新潮社
梨木 香歩

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ぐるりのこと の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ぐるりのこと [ 梨木香歩 ]
楽天ブックス
梨木香歩 新潮社発行年月:2004年12月25日 予約締切日:2004年12月18日 ページ数:17


楽天市場 by ぐるりのこと [ 梨木香歩 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"ぐるりのこと(梨木香歩/著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント