ヨハネスブルグの天使たち(宮内悠介/著)

直木賞の候補作とのことで、直木賞好きとしての感想から。
『盤上の夜』を読んだ時のも思ったのですが、書く事に勤勉な作家さんであり、読み手にも同様な勤勉さを求める作家さんだなあ、と思いました。
少なくとも直木賞の候補になったとは思えないほど大衆性が低いです。
大衆小説であるのなら、書き手は勤勉であっても読み手に対しては誘い人で合って欲しいと思います。
大衆小説でないなら直木賞の候補にはすべきではないかと。
そして本好きのはしくれの感想。
分かりにくすぎました。
時代背景や状況背景。
少なくとも私は集中して必死で読まないと分かりづらく、いや、集中して必死で読んでも分かりませんでした。
私の頭が悪いからなのかもしれませんが。
二度読みすれば分かるのかも、と思いつつもとてもじゃないけど二度読みするほどの気力はわいてきませんでした。





ヨハネスブルグの天使たち [ 宮内悠介 ]
楽天ブックス
ハヤカワSFシリーズ 宮内悠介 早川書房発行年月:2013年05月24日 予約締切日:2013年05


楽天市場 by ヨハネスブルグの天使たち [ 宮内悠介 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"ヨハネスブルグの天使たち(宮内悠介/著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント