与謝野晶子(学習まんが人物館)(入江春行/監修・あべさより/漫画・菅谷敦夫/シナリオ)

ユニークな描き方をしているなあと思いましたが、これはこれでよしと思えて面白かったです。
子供向け伝記にはよくというか必ずあることなのですが、子供に説明しにくいエピソードはうまい具合にはしょられています。
『おしん』を読んだ流れで手に取りましたが、明治時代って女性にとって変革の時代だったのだなあと改めて思いました。
そいういえば昔、昼ドラ枠でだったかな、与謝野晶子の物語をやっていたと記憶しているのですが、もう一度観たくなりました。
そのドラマの中で「歌人は美しいという意味の言葉を○個知らなければならない」という意味合いのことを与謝野晶子が言うのですが、残念ながらこの本の中にはそういうセリフはありませんでした。
脚本家の演出?それとも伝記に記されていることなのでしょうか?





【総額2500円以上送料無料】与謝野晶子 女性の自由を歌った情熱の歌人/あべさより【RCP】
オンライン書店boox
著者あべさより(画)出版社小学館発行年月1996年11月ISBN9784092701106ページ数1


楽天市場 by 【総額2500円以上送料無料】与謝野晶子 女性の自由を歌った情熱の歌人/あべさより【RCP】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"与謝野晶子(学習まんが人物館)(入江春行/監修・あべさより/漫画・菅谷敦夫/シナリオ)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント