ラブレスLOVELESS(桜木紫乃/著)

自分の人生のいかんともしがたい部分を「そんなもんだと」諦念と共に受け入れるか、「変えてみせる」と貪欲的になるかは、生来の性格もあるとは思うけど、それまでの人生がかなり影響していると思いました。
お金持ちが何よりもいいとも貧困が悪いとも言い切りはしないけど、やはり貧しさは人の心をすさませるに足ると思います。
貧しくとも心を豊に保てたなら、登場人物たちの人生はかなり違っていたと感じます。
けど、ハギの姿からも分かるように、物質的な豊かさ、というか、物質的な充実感が心に隙間風を吹かせてしまうこともあるのだから皮肉です。
この作品の中には、強い人や弱い人が出てきますが、どの人のどの部分を強いと感じるか、且つどの人のどの部分を弱いと感じるかは受け取り手次第です。
思うところ色々ある作品でした。
幸せってなんなんでしょうね。
これから脳内反芻を重ねると、また違う面が見えてくるかも…まだまだ読み取れていない登場人物たちの思惑や人生があると感じています。
読後も心にひっかかる作品です。
ただ一つ残念と思ったのはタイトルです。
もっとしっくり来るものがあったんじゃないかと思うのですが…私が内容を読み取りきれてなくてそう思うだけなのかな?

ラブレス
新潮社
桜木 紫乃

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラブレス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ラブレス
楽天ブックス
桜木紫乃 新潮社発行年月:2011年08月 予約締切日:2011年08月24日 ページ数:280p


楽天市場 by ラブレス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"ラブレスLOVELESS(桜木紫乃/著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント