カーチャと子わに(ゲルネット/ヤグドフェリド/作・内田莉莎子/訳・桜井誠/絵)

1965年の読書感想コンクールの課題図書です。
矢継ぎ早に事件が起きるというか展開がめまぐるしく、ギャグタッチだなあと思ったら、解説に「もとは映画のためにつくられたお話で」とあって納得しました。
逆に、映像の方が楽しめそうなお話を文字で楽しく読ませてくれるなんて素晴らしいと思いました。

"カーチャと子わに(ゲルネット/ヤグドフェリド/作・内田莉莎子/訳・桜井誠/絵)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント