StorySeller2面白いお話、再び売ります(新潮社ストーリーセラー編集部/編)

『マリーとメアリー』(沢木耕太郎)
小説集だと思っていたのでエッセイなのにビックリしました(笑)
ですが面白く読めました。
『合コンの話』(伊坂幸太郎)
伊坂さんぽく尚且つ面白かったです。
全体的なつくりも効果的で楽しく読めました。
『レミング』(近藤史恵)
1の時と同様「サクリファイス」を読んだ後に読めてよかったと思いました。
あのお方のキャラが描かれているので、若干種明かし的な部分があるからです。
「エデン」の続きも読みたいですが、スピンアウトももっともっと読ませて欲しいです。
『ヒトモドキ』有川浩
1の作品と通ずるところがあると感じました。
ヒトモドキかあ、うまいネーミングですね。
完全に他人であればトコトン嫌悪すればいいだけですが、身内にいたらかなりキツイですよね。。。
『リカーシブル―リブート』(米澤穂信)
1の作品を気に入り「インシテミル」を読んで苦痛を感じ、今回もまた果てしない苦痛を感じました。
きっと私にはあわない作家さんなんだろうな。。。
『444のイッペン』(佐藤友哉)
1の作品が理解不能で、今回ためいきをつきながら(笑)読み始めましたが、慣れたせい?はたまた読みどころをつかんだのか結構おもしろく感じました。
機会があればもう一作読んでみたいかも。
『日曜日のヤドカリ』(本多孝好)
まあまあかな。
可もなく不可もなく。
ただ、男性作家さんの作品だなあ、と思いました。

Story Seller〈2〉 (新潮文庫)
新潮社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Story Seller〈2〉 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"StorySeller2面白いお話、再び売ります(新潮社ストーリーセラー編集部/編)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント