漂砂のうたう(木内昇/著)

残すところと数ページというところで直木賞受賞を知りました。
面白かったです。
あらすじもジャンルも知らずに読み始め、これは廓の話?いや、廓に勤める男衆(おとこし)の話?と転々と思ったのですが、これは怪談ですね。
ミステリー小説やホラー小説は数あれど、怪談小説はあまりないのでは?(私が知らないだけ?)
見事でした。
謎と思えば謎、けど事実といえば事実、不思議といえば不思議、現実といえば現実。
文明は開化したものの、理想と理屈ばかりで世の中が付いてききれていない、明治時代初頭の混沌とした感じをうまく生かした素晴らしい作品だと思います。

漂砂のうたう
集英社
木内 昇

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 漂砂のうたう の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




【入荷予約】 漂砂のうたう
楽天ブックス
商品副データ※1月下旬以降の発送となります。 木内昇集英社この著者の新着メールを登録する発行年月:2


楽天市場 by 【入荷予約】 漂砂のうたう の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"漂砂のうたう(木内昇/著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント