やんちゃ子グマがやってきた!~森からのメッセージ~(あんずゆき/文)

平成22年度中学年向け読書感想コンクールの課題図書。
昨年の高学年向け課題図書の中にも「クマ」の話がありました。
野生のクマって、いまや自然保護動物の代名詞みたいになってますね。
昨年度の課題図書の『マタギに育てられたクマ』もよかったのですが、これも、きちんと自然環境について考えてください、と優しく語っていてよかったです。
もしこれが、「かわいそうなクマ育てました!」「子グマから母グマを奪ったのは誰だ!?」「自然を大切にしましょう」というのをひたすらにプッシュした内容だったら嫌悪したと思います。
この本から伝わってるのはそうではなく、「かわいそうなクマを生んでしまった環境はどうやったかえられるか?自分にはなにができるか考えてほしい」「子グマから母グマを奪わなければならなかったのもともとの原因はなんであるのか考えて欲しい」「自然環境のために何ができるのか考えましょう」という、考えることの大事さでした。
今起きている自然環境の変化について、目先のできごとだけじゃなく、根本から考えなくてはならないのだな、と思いました。

やんちゃ子グマがやってきた!―森からのメッセージ (フレーベル館ジュニア・ノンフィクション)
フレーベル館
あんず ゆき

ユーザレビュー:
小グマがやってきたわ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


"やんちゃ子グマがやってきた!~森からのメッセージ~(あんずゆき/文)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント