つるにょうぼう(矢川澄子/再話・赤羽末吉/画)

つるのおんがえし、のタイトルの方が有名かも?
助けられた恩返しのために鶴が機を織るお話です。
今読んでみると、子供向けの寓話というよりは男の普遍的な愚かさを語ったお話ですね。
まあシンプルに「欲をかくと損するよ、現状に満足しなさい」という戒めなのかもしれないですが、この年になって読むと「男って昔っからバカな生き物なんだよね~」という意味合いの方を強く感じてしまうのでした。

つるにょうぼう (日本傑作絵本シリーズ)
福音館書店
矢川 澄子

ユーザレビュー:
これは読み聞かせる大 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




つるにょうぼう
楽天ブックス
商品副データ日本傑作絵本シリーズ矢川澄子/赤羽末吉福音館書店この著者の新着メールを登録する発行年月:


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



"つるにょうぼう(矢川澄子/再話・赤羽末吉/画)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント