あかずきん―グリム童話(神沢利子/文・岩本康之亮/絵)

言わずと知れたお話なので、神沢利子さんが文を書かれたものを選びました。
色使いもよかったですし、巻末の神沢利子さんによる「あかずきんについて」もよかったです。
さて、この本の読みどころはどこかな?
と考えるといろいろありますね。
いけないと言われたことは(ここではみちくさ)守る、誰かが訪ねてきたらちゃんと確認してからカギを開ける。
他にもあるかな?
もちろん、おばあさんに化けたオオカミとあかずきんちゃんのやり取りにハラハラするのも楽しみ方のひとつでしょうし、肉食のオオカミが肉を食べて懲らしめられるのはどうか?とか、騙したからいけないのだとか、そういう読み方もありますよね。
改めて子供と読んでみるといいかも。

あかずきん (みんなでよもう!世界の昔話)
チャイルド本社
神沢 利子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




あかずきん第2版
楽天ブックス
商品副データみんなでよもう!世界の昔話神沢利子/岩本康之亮チャイルド本社この著者の新着メールを登録す


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



"あかずきん―グリム童話(神沢利子/文・岩本康之亮/絵)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント