姑獲鳥の夏(京極夏彦/著)

なにもかもが理詰めの無駄のないミステリー。
正しいか否かは別として、京極堂の講釈に快く飲まれるのがこの本の愉しみ方だと思います。
それと、前ふり部分が非常に長いのですが、榎木津がでてくるまではとりあえず我慢して読むのがいいかと思います(笑)

この世には不思議なことなど何もないのだよ―

憑物のしわざと見える出来事も、実は理屈の通る事柄の積み重ねから成っている。
この手腕というか構築力はさすがだと思います。

雑司が谷、鬼子母神…
都電沿線で育った私には耳に馴染んだ地名です。
都電荒川線の沿線って今でも昔の香りが漂ってるんだなあ、としみじみ懐かしく思いました。

この世には不思議なことなど何もないのだよ―

そうなんだろうな、と思いつつ、身の回りで不可解な出来事が起こったらやはり怖いと感じるであろうと思うのは、人間としての知識のせいなのか本能のせいなのか。。。

姑獲鳥(うぶめ)の夏 (KODANSHA NOVELS)
講談社
京極 夏彦

ユーザレビュー:
やはり、人を選ぶ京極 ...
夜中に読みたい。以前 ...
長々と読まされた揚げ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




姑獲鳥の夏
楽天ブックス
講談社ノベルス 著者:京極夏彦出版社:講談社サイズ:新書ページ数:430p発行年月:1994年09月


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



"姑獲鳥の夏(京極夏彦/著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント