機雷(光岡明/著)

変な表現ですが、戦争を華々しく、というか、戦争の表舞台を描いた作品は多くあると思います。
もしくは、残された者たちの逼迫困窮していく生活を描いたものとか。
この本は、戦争に参加しながらも、決して『散る』という言葉が似合わない死と向き合っている人間の物語です。
攻撃に向かうのではなく敵を待ち、待ち続けたまま知られずに朽ち果てることの多い兵器、機雷。
まさにそんな任務を負った人物が主軸です。
潔く散ることを美だと当たり前に考える世の中。
同じ戦争による死でありながら、死の意味に上下を感じてしまう世の中。
それは間違っている、と言うことだけは言えると思います。

ところで、この本のいいたいところってそんなことなのでしょうじゃ?
自分の理解度にちょっと納得がいきません。
戦争を見る角度?切り口?には惹かれましたが、説明部分が多くて読むのが億劫でした。
読む人を選ぶかなあ、という印象です。

機雷
講談社
光岡 明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"機雷(光岡明/著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント