しあわせの子犬たち(メアリー・ラバット/作・若林千鶴/訳・むかいながまさ/絵)

平成21年度読書感想文小学校中学年向け課題図書です。
なんか、キレイすぎる。。。
カナダが舞台なのですが、日本で出版される本に出てくるカナダって、みんな自然が豊かで美しくて住んでる人の心が広いですよね。
子犬のことを思う気持ち、これから子犬を飼う人を思う気持ち、どれもキレイすぎちゃって私にはちょっと…。
生命に対するエリザベスの怯えや、生命の強さと神秘、おばあちゃんの気持ちとか、生きるってことがつまってて課題図書らしい本ではありますが。

しあわせの子犬たち (文研ブックランド)
文研出版
メアリー ラバット

ユーザレビュー:
自然に優しい気持ちが ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




しあわせの子犬たち
楽天ブックス
文研ブックランド 著者:メアリー・ラバット/若林千鶴出版社:文研出版サイズ:全集・双書ページ数:11


楽天市場 by ウェブリブログ



"しあわせの子犬たち(メアリー・ラバット/作・若林千鶴/訳・むかいながまさ/絵)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント