ちいさいアカネちゃん(松谷みよ子/作)

モモちゃんシリーズも4作目。
最初はちょっと、大人と子供の目線の違いになじめないものがありましたが、そのズレの意味するものが分かって気がします。
とは言っても、あくまでも私の主観なので、松谷みよ子さんにはそんな意図はないのかも知れませんが。
現実と空想の世界のコントラストから、モモちゃんとアカネちゃんの成長ぶりやお母さんの強くなった様子が感じられました。
子供目線で読むと、「そうそう、大人の世界って理不尽で分からないこといっぱい!」といった感じなのかもしれませんが、親目線で読むと、「モモちゃんとアカネちゃん、ごめんね」と思います。
年齢を重ねるごとに読み返す価値と味のある児童書です。

ちいさいアカネちゃん (児童文学創作シリーズ モモちゃんとアカネちゃんの本 4)
講談社
松谷 みよ子

ユーザレビュー:
ちいさいアカネちゃん ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




ちいさいアカネちゃん
楽天ブックス
児童文学創作シリーズ 著者:松谷みよ子/菊池貞雄出版社:講談社サイズ:単行本ページ数:217p発行年


楽天市場 by ウェブリブログ



"ちいさいアカネちゃん(松谷みよ子/作)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント