つばさよつばさ(浅田次郎/著)

浅田次郎氏のエッセイにはハズレがありません。
しかも毎度のこと、後半に行くに従って浅田氏らしさが色濃くなります。
今回の一冊の中で特に面白かったのは『魔の五百ユーロ札』のお札の肖像と娘さんの選択のくだりと『黄門伝説』の、くだらなさだけでまとまっていないところ、『第二回修学旅行』のこれからのプランなど。
他にも、うーん、と唸ったりするところもあったのですが、浅田氏のエッセイは笑うために読んでいるので書き留めないことにします。

つばさよつばさ
小学館
浅田 次郎

ユーザレビュー:
外から見た日本外の世 ...
軽妙洒脱な旅のエッセ ...
日常から非日常へJA ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




つばさよつばさ
楽天ブックス
著者:浅田次郎出版社:小学館サイズ:単行本ページ数:252p発行年月:2007年10月この著者の新着


楽天市場 by ウェブリブログ



"つばさよつばさ(浅田次郎/著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント