したきりすずめ(石井桃子/再話・赤羽末吉/画)

小さい頃からこのおはなしについて不思議に思っていることと疑問に思っていること。
不思議に思っていることは、他のむかしばなしって、正直者夫婦にとなりの強欲夫婦、とか、働き者夫婦に強欲長者とか、そんな組み合わせが多いのに、このお話は優しいじいさと強欲ばあさの組み合わせなんですよね。
疑問に思ってることは、もらったつづらの中身、これって、じいさのはどっちもお宝だったのかな?ばあさのはどっちもいらんものだったのかな?ばあさまのつづらからいらんもんが出てきたのは、約束を破って途中で開けたからなのかな?というところ。
さて、どうなのかな?

したきりすずめ (日本傑作絵本シリーズ)
福音館書店
石井 桃子

ユーザレビュー:
昔話を、良質な絵本で ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"したきりすずめ(石井桃子/再話・赤羽末吉/画)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント