あなたの職場のイヤな奴(ロバート・I・サットン/著・矢口誠/訳)

この手の本はどうも苦手でして、いまいち読み取れ切れてない気がします。
いたるところにクソッタレは存在して、いたるところに被害者はいて、クソッタレのせいで職場の居心地が悪くなったり生産性が落ちたりするのだが、クソッタレになる可能性はどんな人間の中にもあり、クソッタレに感化されずに働くには努力が必要でありうまくいけばかわすこともできる。
クッソタレがいない職場で働くのがベストだけど、それができないなら辞めればいい。
けど、そう簡単に辞められないならうまくかわす術を身につけろ。
そういうこと?
要は、周囲には気づかれないように、「クソッタレでかわいそうだね~」って、ちょっと上から目線でいればいいのかな?
けど上から過ぎると自分がクソッタレになっちゃうから気をつけろ。
ってことかな?
読んでてそれなりに面白くはあったけど、参考にはならないな~。
なんか実践的じゃないって私は思いました。

あなたの職場のイヤな奴
講談社
サットン

ユーザレビュー:
「だよねー」を連発し ...
職場の問題は結局は自 ...
くそったれ・・・ね確 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




あなたの職場のイヤな奴
楽天ブックス
著者:ロバート・I.サットン/矢口誠出版社:講談社サイズ:単行本ページ数:285p発行年月:2008


楽天市場 by ウェブリブログ



"あなたの職場のイヤな奴(ロバート・I・サットン/著・矢口誠/訳)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント