なくななんぎなたんけんたい (おひさまのほん)(佐々木マキ/作)

なんぎなたんけんたいは、雑誌『おひさま』で読んでいたのですが、雑誌に載っていた時はサンスターの広告をかねていたので、どんな絵本になってるんだろう?と思ったら、広告抜きでできあがっていました。
そもそも、初めて出会った佐々木マキ氏の作品がこれだった(笑)
理解不能だけどおもしろく、探検隊が意味もなく毎回最後に歯を磨くんです!
そっちのつくりも面白いので、これはこれでいいけどちょっと残念です。
ちなみに、私が一番気に入ったのは『かれき』です(笑)

"なくななんぎなたんけんたい (おひさまのほん)(佐々木マキ/作)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント