そらいろのたね((なかがわりえこ/さく・おおむらゆりこ/え)

人生で一番最初に、私の胸に刻み込まれた絵本かもしれません。
家にはなかったので、どこで読んだのかは覚えていません。
お友達の家だったのか、幼稚園だったのか…。
けど、お友達と遊んでいるときなどについつい欲張りをしてしまうと、そらいろのいえがガラガラと崩れ落ちていく光景が思い浮かんだものです。
さりげなく、子供心を戒めてくれた本だと思います。

"そらいろのたね((なかがわりえこ/さく・おおむらゆりこ/え)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント