満天の星―勇気凛凛ルリの色(浅田次郎・著)

著者もあとがきに書いている通り、この勇気凛凛シリーズは一作家のサクセスストーリーのようになっています。
けど、エッセイがこなれていくほかの変化はあまり感じられません。
売れる前も売れてからも変わらない人なんだな~と思いました。
何冊読んでも〆の感想は一緒。
小説家浅田氏は尊敬するけど、このエッセイを書いているおじさんは大好きです。

"満天の星―勇気凛凛ルリの色(浅田次郎・著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント