一瞬の風になれ 第二部(佐藤多佳子・著)

1を読んでからだいぶたってしまっていたので、思い出すまで『風になれ』ワールドに溶け込めなくて困りましたが、溶け込んでしまった後は、爽やかな風を感じることができました。
主人公の語りや会話部分が多くともすると平坦でつまらなくなりがちなのですが、行間に様々な風が吹いていて読んでいて気持ちがいいです。
けど実際こんなに爽やかな陸上部ってあるのかな~。
1から2はそんなに「次は!?」って感じじゃなかったけど、健ちゃんのこともあって3は早く読みたいです。
が、図書館の民なのでまだまだ先になりそう…。

"一瞬の風になれ 第二部(佐藤多佳子・著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント