勇気凛凛ルリの色〈2〉四十肩と恋愛(浅田次郎・著)

勇気凛凛の第二作目。
いやいや、一冊目よりも面白かったです。
エッセイの方向性が定まったというか、こなれたというか、読者の求めるものをがっちり掴んでるというか。
笑えるネタ数多くあり、真面目なネタあり。
今回の真面目ネタは「天切り松」シリーズに通ずるものがあるなあ、と感じました。
作家「浅田次郎」は尊敬するけれど、エッセイを書く「浅田次郎」というおっさんは大好きです。

"勇気凛凛ルリの色〈2〉四十肩と恋愛(浅田次郎・著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント