あしながおじさん (福音館文庫)(J・ウェブスター・作/坪井郁美・訳)

不朽の名作と言われている作品の一つ。
子供の頃に読んだという人も少なくないでしょう。
また、読んだことのない人でも、大まかなすじは知識として持っているのではないでしょうか。
そのくらい有名なお話です。
で、私はといえば…おおまかなすじは知っているけれど、40近くなる今日まで読んだことがありませんでした。
そして、今日の今日まで、子供向けの夢見るお話だと思っていました。
シンデレラストーリーって形容をされていることも一因だと思うのですが。
けど、ちょっと違いました。
子供が読んでも楽しめはするでしょう。
ちょと小難しい話題も出てきますが、女学生の語り口調はとてもとっつきやすい印象を与えてくれるので。
けど、大人が読むといい本かも、と思いました。
大人になって読み返してもいい本、かな。
ラストの、家族というものの描き方?表現が素晴らしいと思いました。
今だからそう思えるのかな…。
若い頃だったらどう思ったんだろう。
もっと早くに読んで、何度も読み返せばよかったな…
昔の自分の感想が聞きたいと思いました。
こんなお話だったんですね~ちょっとうるっとしちゃいました。

"あしながおじさん (福音館文庫)(J・ウェブスター・作/坪井郁美・訳)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント