玻璃の天(北村薫・著)

シリーズの前作である『街の灯』よりも時代背景が濃かった気がします。
三話収められているのですが、最後の一話ではベッキーさんの素性がちょっと明らかになり、ベッキーさんファンにはぐっとくるシーンだったかも。
この先英子やベッキーさんがどんな運命を辿るのか興味津々です。
時代の波に呑まれてしまうのか?時代の波を乗り越えるのか?
ベッキーさん、私にとってホント魅力的な女性です。
そのベッキーさんのサポートで成長する英子の姿も輝いてます。
ベッキーさんが花村家に来たいきさつが語られる時はあるのでしょうか?
久々に、続編が待ち焦がれられる作品に出会いました。

"玻璃の天(北村薫・著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント