街の灯 (本格ミステリ・マスターズ)(北村薫・著)

『玻璃の天』が直木賞候補になったときに図書館で予約を入れ、順番が回ってくる前に『街の灯』が『玻璃の天』の前の話だと知り借りました。

ベッキーさん、格好いいです。
述べる時は述べ、けど出すぎず英子のそばにいる様子は素敵です。
私はお嬢様ではないので(笑)こんな使用人がつくことはありませんが、お友達にいたら毎日がぴりっとしまるでしょうね。

北村氏はミステリー作家さんにカテゴライズされているようですが、エピソードそのものよりも人々の心理描写が見事ですね。
こういう心のひだを丁寧に描いた作品は、ジャンルを問わず私にはとても魅力的です。
私が始めて読んだ北村作品は『ひとがた流し』だったのですが、どちらも独特の丁寧さがあって心惹かれるものがあります。

"街の灯 (本格ミステリ・マスターズ)(北村薫・著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント