Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク7(石田衣良・著)

このシリーズももう7作目になるんですね。
これまでのシーズのと比べると事件が地味でした。
そんな血なまぐさくないところがかえって気に入りました。
人が死ぬだけが事件ではないですから。
そして、6作目同様に続いてシリーズならではの味がありました。
今回は平均的にどれも好きです。

ところでこの本の帯についてですが、
『池袋、宣戦布告!今度はキングを、おれが守る』ってあるけど、守ってた?
確かに、地位を守るのには一役買ってたかもしれないけど、どっちかっていうとマコトがキングに守られてるじゃん!と思ったのは私だけ?

ところで、マコトもキングもそろそろボーイじゃないよね。
マコトは家業があるけど、キングってキング辞めたらどうするのかな、と、変なところに興味を感じてしまった私でした。

"Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク7(石田衣良・著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント