おとまり―きかんぼのちいちゃいいもうと〈その2〉(ドロシー・エドワーズ・作/渡辺茂男・訳)

小学校の時に図書館で出合った本のことを思い出し検索したところ、未訳分を含めて新たに出版されていることを知り図書館で借りたシリーズ2作目です。
きかんぼうでいろんなことをやらかす「いもうと」を、姉の優しいまなざしを通して語っているのがほほえましいです。
どこをとっても子供目線で、子供ならではの考えや感じ方を丹念に描き出しているところには驚かされます。

"おとまり―きかんぼのちいちゃいいもうと〈その2〉(ドロシー・エドワーズ・作/渡辺茂男・訳)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント