吉原手引草(松井今朝子・著)

137回直木賞受賞作。
久々に直木賞らしい作品が受賞したな~、と言うのが第一の感想です。(あくまでも独断)
どの辺りが?と聞かれれば、一つの時代、または一文化をきちんと描いている辺りがです。(繰り返しますが独断)
タイトルにもあるように吉原手引きなのですが、序盤から「やや、これは何かあるぞ」と匂わせてあり、何があったんだ?そうだったのかあ!と思わせられる面白さと、吉原を実際に歩いているような感覚にさせられる面白さがありました。

ですが、吉原文化が丁寧に描かれている分、興味のない人はそそられない内容かもしれません。
けれど、語り口調で書かれているので読みやすくはあります。

様々な人が出てきて葛城について語るのですが、結局、葛城ってたくさんの人に愛された、というか、たくさんの人の心をつかんだ人なのだなあ、と思いました。

…で、葛城はどこに?

"吉原手引草(松井今朝子・著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント